「ミランダ・ライツ」とは何か?

英語では、"Miranda Warning"と書かれていることが多いようです。日本語では、「ミランダ警告」、「ミランダ・ルール」、「ミランダ準則」、「ミランダ法則」などと訳されているようです。

1. You have the right to remain silent.
Silence cannot be used against defendants in court. However, there is a term known as “Pre-Miranda” silence, which occurs when a suspect has not be read his or her Miranda Rights and still remains silent. In that case, silence can be seen as unusual and suspect. Suspects who state something like “my attorney has always told me not to give statements without him present,” may avoid the negative consequences of refusing to speak.

1.あなたには黙秘する権利がある。
黙秘することは法廷で被告に対して不利に扱われてはなりません。しかし、「プリミランダ」黙秘として知られている言葉があり、それは、容疑者がまだミランダ・ライツを読まれていない、でもだまっているというときに、起ります。こういう場合、沈黙は、普通ではない状態で疑わしいと見られます。「弁護士がいつも自分がいない時には供述するなと言っている」というようなことを言う容疑者は、しゃべることを拒否しているために良くない状況になることを避けようとしているかもしれないのです。

2. Anything you say can be used against you in a court of law.
All suspects have the right to remain silent. Those who give up that right face the prospect that their statements will be used against them in court. This can be tricky, as many times the only evidence against a defendant is a confession. Defense lawyers contend that many innocent suspects, intimidated by arrest and interrogation, may speak to police without realizing the danger.

2.あなたの供述は、法廷であなたに不利な証拠として用いられる事がある。
全ての容疑者には黙秘する権利があります。その権利を放棄する人は、自分の供述が法廷で不利に使われるかもしれない状況に直面することになります。このことはあぶない場合があります。被告に不利になる唯一の証拠が自白だということが多くあるからです。被告の弁護士は、多くの容疑者は無実なのに、逮捕や尋問されるのが恐くて、その危険性に気づかずに警察に話してしまう場合があると主張しています。

3. You have the right to have an attorney present.
This gives a suspect the right to have legal counsel present at the time of the interrogation. A suspect must be clearly informed that he or she has the right to consult with an attorney and have an attorney present before answering any questions by police. If the police try to question a suspect after an arrest, they must stop the interrogation if the suspect requests an attorney.

3.あなたには尋問されている間弁護士の立会いを求める権利がある。
これは、容疑者に尋問の時に、弁護士が付きそう権利を与えるものです。容疑者は警察の質問に答える前に弁護士に相談する権利があり、弁護士の同席を求める権利があることを明確に告げられなければなりません。もし、警察が容疑者逮捕の後、尋問しようとするときに容疑者が弁護士を要求すれば、尋問を止めなければなりません。

4. If you cannot afford an attorney, one will be appointed to you.
In order to make sure a person being interrogated has a clear understanding of his or her rights, the suspect must be told that a lawyer will be appointed without charge if needed. Without this additional advisory, the caution of the right to consult with an attorney could be misunderstood, and rendered meaningless.

4.もし経済的に自分で弁護士を立てる力がなければ、公選弁護人が付けられる。
尋問を受けている人が自分の権利を充分に理解していることを確実にするために、容疑者は必要なら金銭的負担を負わずに弁護士を付けられることを告げられなければなりません。この一文が追加されなければ、弁護士に相談する権利を告げることは誤解されて、無意味なものになってしまう可能性があります。

この動画でもミランダに関しての質問があります。


参照
https://talking-newyork.muragon.com/entry/441.html


タグ :